ヒアルロン酸比較ランキング/効果と副作用トップページ > 自然の包帯としてのヒアルロン酸

美容に健康に人気のヒアルロン酸。その効果、効能、副作用などの情報を、最新の科学的見地から解説します。中立的なヒアルロン酸比較も掲載しています。

自然の包帯としてのヒアルロン酸

高分子ヒアルロン酸には、軟骨保護作用、抗炎症作用、滑膜増殖抑制作用、軟骨変性抑制作用、軟骨修復促進作用、疼痛抑制作用が報告されています。

これまでの研究では、アグリカンを大量に分泌する軟骨細胞の周囲でのみヒアルロン酸による半透膜形成が観察されました。

しかし、軟骨以外の組織でも、ヒアルロン酸と結合しうるプロテオグリカン(バーシカンなど)は高レベルに存在します。

したがって組織や状況によってはヒアルロン酸−バーシカンーフィブロネクチン複合体が、緻密なネットワークをつくり同様な保護作用を持つ可能性があります。

さらにヒアルロン酸は、chondroitin−6−Sul−fateとも糖一糖結合により選択的に結合するので、より粘度のある保護膜となるかもしれません。

このような保護膜は、高等動物のみならず、ある種の下等動物や単細胞動物でも形成されると想像されます。もしそうならば、ヒアルロン酸複合体による保護膜形成は、生物の進化の過程で発生中や傷害された柔らかい組織に対して自然の包帯としてつかわれてきたと想像されます。

発生や再生の初期には、特異性や機械的強度が低いが保護効果のあるヒアルロン酸がまず形成されて、そののち細胞特異性と機械的強度の高いコラーゲンマトリックスに置き換わります。

ヒアルロン酸は、線維芽細胞と軟骨細胞の増殖を促進して、リンパ球および滑膜細胞の増殖を抑制します。このような作用は、ヒアルロン酸が他のマトリックス分子と複合してつくりだす間接的な効果であると考えられます。

しかしヒアルロン酸はその受容体であるCD44やRhammを介してシグナル伝達系に直接作用することも示されています。

つまり、ヒアルロン酸の作用にはマトリックスを介した間接的作用と細胞への直接作用があり、この二面性がヒアルロン酸作用の独自性をつくりだしています。

進化的には、まず非特異的な保護作用が、ついでヒアルロン酸受容体を仲介する特異的作用が創られてきたのではないでしょうか。

参考になさってください。

ヒアルロン酸にご興味があればこちらをご覧ください。

>>>最新ヒアルロン酸ランキング

今月のおすすめヒアルロン酸

商品の詳細はこちら

管理人からのコメント

ヒアルロン酸選びのポイントとして、

1.信用力のある会社のヒアルロン酸を選ぼう
2.コストパフォーマンスが良いものを選ぼう

とご案内しましたが、このヒアルロン酸は、日本有数の食品メーカーであるキューピー社のものですので、会社の信用力はダントツです。健康食品メーカーは中小企業が中心なだけに、不安がぬぐいきれない消費者の方々には最適な商品と言えるかもしれません。

また、後者のコストパフォーマンスですが、上記の通り1日あたりのヒアルロン酸量240mg群を抜いて1位であるほか、100円あたりで見ても364mg圧倒的な1位となっています。

つまりコストパフォーマンスの面でも、これらの主要なヒアルロン酸の中では1位ということですね。

日本初の機能性表示食品として、肌の水分保持や乾燥を緩和する機能が科学的根拠によって立証されている点も他のヒアルロン酸製品と異なる点です。

実際に注文してみると、代金引換、郵便振替、コンビニ決済、クレジットカードから選べて、どの場合も手数料等はかかりません



飲んでみると、小さい粒なので飲みやすいです。味やにおいはほとんどなく、気になりません。表面がツルツルしているので、ひっかかりなどもなく、スっと飲みこめます。



感想としては、 5日目くらいから関節が滑らかに動くようになってきました。また、美容成分としても有名なヒアルロン酸ですが、顔の肌が綺麗になったと思います。潤うというよりは、ハリ、艶が出るという感じです。

同時に基本の健康成分であるビタミンB・ビタミンCが摂取できる点も魅力です。

参考にしてみてください。

商品の詳細はこちら

主要コンテンツ

ヒアルロン酸比較トップページ
最新ヒアルロン酸ランキング
高分子ヒアルロン酸について