ヒアルロン酸比較ランキング/効果と副作用トップページ

美容に健康に人気のヒアルロン酸。その効果、効能、副作用などの情報を、最新の科学的見地から解説します。中立的なヒアルロン酸比較も掲載しています。

ヒアルロン酸の基礎知識 「ヒアルロン酸とは?」

ヒアルロン酸(HA)は、1934年にウシの硝子体で発見され、現在では哺乳動物の皮膚、臍帯、軟骨、滑膜、肺、肝、腎などの結合組織に分布することが知られている代表的なグリコサミノグリカンです。

関節では、ヒアルロン酸(HA)は滑膜、関節液、軟骨に存在します。滑膜線維芽細胞で産生されたヒアルロン酸(HA)は、血管・滑膜関門を通って惨出してきた液性成分と一緒になって関節液を形成します。

ヒアルロン酸(HA)は物性的に高い粘弾性と親水性を有することから、関節では潤滑と衝撃緩和作用の役割があり、関節疾患治療のためのヒアルロン酸製剤の開発が世界的に行われてきましたが、近年の研究によりヒアルロン酸には単に潤滑や衝撃緩和作用だけでなく、滑膜・軟骨などに対し種々の作用のあることが判明し、これらの作用はさらに高分子量ヒアルロン酸(HA)になることによって増強することが分かってきました。

当サイトでは、こうしたヒアルロン酸の効果、効能、副作用についてご案内していきたいと思います。

  • ■関節とヒアルロン酸

ヒアルロン酸の基礎知識 「ヒアルロン酸の歴史」

1953年にヒアルロン酸(HA)は関節において潤滑の役割があるとの報告がなされ、1971年に競走馬の外傷性関節炎に、1974年にヒトの変形性関節症(OA)に対する治療にヒアルロン酸(HA)の有効性を示唆する報告がなされました。そのため、変形性関節症(OA)の治療薬としてのヒアルロン酸(HA)の開発が期待されました。

1987年、日本とイタリアでトサカから抽出された平均分子量80万のヒアルロン酸(HA)の関節治療薬が開発され、変形性関節症(OA)治療に使用されるようになりました。このヒアルロン酸(HA)製剤の変形性関節症(OA)や、肩関節周囲炎(FS)における臨床成績から、1987年以降ヒアルロン酸(HA)は、変形性関節症(OA)治療の有力な手段となりました。

その後、1989年、日本において発酵法を利用して産生されたヒアルロン酸製剤が開発されました。開発後の基礎研究の結果から臨床への応用が十分に期待され、1991年、変形性関節症(OA)、肩関節周囲炎(FS)、関節リウマチ(RA)に対する臨床試験が開始され、それぞれにおいて有用性が認められ、1996年、変形性関節症(OA)、肩関節周囲炎(FS)に対し、2000年、関節リウマチ(RA)に対し厚生労働省から薬として認可されるに至りました。

特筆すべき点は、これまでの既存のヒアルロン酸(HA)製剤では関節リウマチ(RA)に対する治験で有用性は認められなかったのに対して、新しいヒアルロン酸(HA)製剤は世界ではじめて関節リウマチ(RA)に対して適応が認められたことです。

ヒアルロン酸の基礎知識 「ヒアルロン酸の軟骨への影響」

関節内に吸収されたヒアルロン酸(HA)は、関節軟骨表面にあっては関節の潤滑と機械的ストレスの衝撃緩和に寄与しており、関節軟骨の最表層構造が破壊されてない健常軟骨では軟骨組織内に入ることはありませんが、変形性関節症(OA)関節リウマチ(RA)では最表層構造が破壊されているので、軟骨組織内に浸透していき、軟骨細胞表面と結合して変性軟骨細胞のヒアルロン酸(HA)産生に働きます。

関節軟骨破壊に重要な働きをするものとして、サイトカインやプロテアーゼ、RANTESがあります。ヒアルロン酸(HA)は、グリコサミノグリカンの遊離を抑制し、プロテオグリカンの合成を促進し、こうした関節軟骨を破壊する物質の産生を抑制します。

ヒアルロン酸(HA)は、軟骨破壊因子の活性を強く抑制し、変形性関節症(OA)や関節リウマチ(RA)などの炎症性関節疾患における軟骨破壊に対し有効に抑制的に作用するのです。

また、変形性関節症(OA)の病因・病態に大きく関与しているといわれる、軟骨下骨の骨髄における破骨細胞やマクロファージ、T細胞ですが、その分化・誘導はヒアルロン酸(HA)の投与により著明に抑制されます。

このことは、ヒアルロン酸(HA)が滑膜炎症の沈静化に働くだけではなく、骨破壊の抑制にも有効であることを示唆しています。

したがって、軟骨下骨においてもヒアルロン酸(HA)は、変形性関節症(OA)や関節リウマチ(RA)の病態進行の抑止に作用しているといえます。

変形性関節症(OA)や関節リウマチ(RA)、それらに起因する関節痛にお困りの方はヒアルロン酸(HA)製剤を利用してみてはいかがでしょうか。

ヒアルロン酸選びの鉄則1 「信用力のある会社のヒアルロン酸を選ぼう」

食品偽装」が社会問題となっていますが、いくらお得そうなヒアルロン酸を見つけても、開示内容や成分表記が偽装されていれば全く意味がありません。やはり大手製薬会社・大手食品会社の商品を選んだ方が無難です。
また、そうした大手メーカーの商品であれば、サプリメントの効果や効能をきちんと調べていると思いますので、より安心できますね。

ヒアルロン酸選びの鉄則2 「コストパフォーマンスが良いものを選ぼう」

いくら値段の安いヒアルロン酸を見つけても、内容量が少なかったり、内容量が開示されていなければ、決してコストパフォーマンスが良いとは言えませんね。
たとえばヒアルロン酸商品の中には「ECM・E」がたくさん入っている、と強調するものもありますが、「ECM・E」はヒアルロン酸の原料であって、ヒアルロン酸の含有量はわずか10%弱です。いくら「ECM・E」が多く含まれていても意味がない、ということですね。
こちらのサイトでは、コストパフォーマンスがすぐに把握できるように、「1日あたりのヒアルロン酸量」と「100円あたりのヒアルロン酸量」の2つの観点から比較しています。

ヒアルロン酸選びの鉄則3 「他に気になる成分が入っていればさらにお得」

もしヒアルロン酸以外にも気になる健康成分があったり、あるいはすでに摂取している成分があるのであれば、そうした成分も同時に摂れる商品の方がベターですね。
値段的にお得になりやすい、というのもありますが、メーカーの方で飲み合わせのリスクや効果のチェックを事前に実施していますので、より安心して利用できる、という利点があります。
たとえば関節痛の改善を期待するなら、グルコサミンコンドロイチンといった成分が人気ですね。
これらの成分をすでに服用されている方は、これらが一緒に摂れるヒアルロンサプリメントの方が、安全ですし、お得です。 こうした点もチェックしてみてはいかがでしょうか。

2018年10月のヒアルロン酸比較ランキング

1日当り
ヒアルロン
酸量(mg)
メーカー
/商品名
会社
信用度
値段
ヒアルロン酸量(mg)
組合せ
成分
HPへ
1袋
当り
1日
当り
100円
当り

1

240
mg

キューピー

ヒアロ
モイスチャー
240




11 30日 1,980
7,200
mg
1

240
mg

1

364
mg

1

ビタミンB・
ビタミンC

詳しく

こちら

2

200
mg

キューピー

ヒアルロン酸&
グルコサミン
コンドロイチン
配合



11 20日 3,223
4,000
mg
1

200
mg

1

124
mg

1

グルコサミン・
コンドロイチン

詳しく

こちら

3位

75
mg

11 30日 2,300
2,260
mg
1

75
mg

1

98
mg

1

コラーゲン・
コンドロイチン

詳しく

こちら

4

39
mg

13

30日 11,429
1,096
mg
1

39
mg

1

10
mg

1

ビタミンB・
ビタミンE

詳しく

こちら

5

15
mg

13 1ヶ月 4,715
450
mg
1

15
mg

1

10
mg

1

コラーゲン・
コンドロイチン

詳しく

こちら



含有量
非開示

13 25日 7,800
1

1

1

1

iHA・
5・LOXIN

詳しく

こちら

コストパフォーマンスの高いヒアルロン酸

商品の詳細はこちら

管理人からのコメント

ヒアルロン酸選びのポイントとして上記の通り、

1.信用力のある会社のヒアルロン酸を選ぼう
2.コストパフォーマンスが良いものを選ぼう

とご案内しましたが、このヒアルロン酸は、日本有数の食品メーカーであるキューピー社のものですので、会社の信用力はダントツです。健康食品メーカーは中小企業が中心なだけに、不安がぬぐいきれない消費者の方々には最適な商品と言えるかもしれません。

また、後者のコストパフォーマンスですが、上記の通り1日あたりのヒアルロン酸量240mg群を抜いて1位であるほか、100円あたりで見ても364mg圧倒的な1位となっています。

つまりコストパフォーマンスの面でも、これらの主要なヒアルロン酸の中では1位ということですね。

日本初の機能性表示食品として、肌の水分保持や乾燥を緩和する機能が科学的根拠によって立証されている点も他のヒアルロン酸製品と異なる点です。

実際に注文してみると、代金引換、郵便振替、コンビニ決済、クレジットカードから選べて、どの場合も手数料等はかかりません



飲んでみると、小さい粒なので飲みやすいです。味やにおいはほとんどなく、気になりません。表面がツルツルしているので、ひっかかりなどもなく、スっと飲みこめます。



感想としては、 5日目くらいから関節が滑らかに動くようになってきました。また、美容成分としても有名なヒアルロン酸ですが、顔の肌が綺麗になったと思います。潤うというよりは、ハリ、艶が出るという感じです。

同時に基本の健康成分であるビタミンB・ビタミンCが摂取できる点も魅力です。

参考にしてみてください。

商品の詳細はこちら

人気のグルコサミンとコンドロイチンも同時に摂れるヒアルロン酸商品は・・・

商品の詳細はこちら

管理人からのコメント

こちらの商品も上記「ヒアロモイスチャー240」と同じく、キューピー社の製品です。したがって信用力には全く問題がありません。

また、同じ会社の商品ですから当たり前ですが、コストパフォーマンスについても1日あたりのヒアルロン酸量200mg100円あたりで見ても124mgと極めて高水準ですね。上記「ヒアロモイスチャー240」に次ぐ2位となっています。

しかもこの商品で特徴的なのは、ヒアルロン酸と同じく関節系成分として有名なグルコサミンコンドロイチンが同時に摂れる、ということですね。ヒアルロン酸だけでなくグルコサミンやコンドロイチンがたっぷり摂れて値段があまり変わらないということであればむしろ、こちらの商品の方が魅力的に感じる方も多くおられそうです。

実際に注文してみると、代金引換、郵便振替、コンビニ決済、クレジットカードから選べて、どの場合も手数料等はかからない点は好感が持てます。

こちらも驚きだったのは、20日間お試し品を購入したところ、「是非とも30日間お試しいただきたく、約30日分の商品をお届けしました。」と、30日間の通常商品が送られてきた点です!お試し期間が長ければ長いほど効果を実感できる可能性も高まりますし、何よりお得です。

このサプライズがずっと続くのかどうかは分かりませんが、初回に限ればコストパフォーマンスは100円あたりで173mgと抜群の値となります。キューピーらしい、なかなかの配慮ですね。



最初の日は5粒一度に飲んでみました。小さい粒なので飲みやすいです。2日目からは、毎食ごとに1粒か2粒ずつ、数回に分けて飲みました。

においはほとんどないので気になりません。味は少し塩気のような風味がありますが、こちらもほとんど気になりません。1日のうちにいつ飲んでも良いようなので、気楽に続けられました。



気になる効果ですが、1袋だと劇的に関節痛が改善されるということはありませんが、後半には仕事で長時間立ちっぱなしだったり、休日にたくさん歩いたりしたときの関節の痛みや疲れが少なくなった気がしました。

ためしに近所の山に出かけましたが、飲む前と比べると登っている最中や翌日でも足や腰が軽くなったように感じ、ヒアルロン酸、グルコサミン、コンドロイチンのどれが効いたのか、あるいは相乗効果なのかは分かりませんが、効果を感じることができました。

関節痛がより深刻な方はさらに効果を感じられるかもしれません。

チャック付きの小さい袋に入っているので、コンパクトで場所をとらず、持ち運びにも便利です。参考にしてみてください。

商品の詳細はこちら

コラーゲンも摂れるヒアルロン酸商品は・・・

商品の詳細はこちら

管理人からのコメント

こちらの製品は、誰でも知っている製薬会社である小林製薬のものです。したがってこちらも信用力には全く問題がありません。

また、コストパフォーマンスについても1日あたりのヒアルロン酸量75mg100円あたりで見ても98mgとまずまず高い値です。検討できる内容ですね。

実際、どちらもこの比較表の中では3位となっています。

しかもこの商品で特徴的なのは、ヒアルロン酸と同じく関節系成分として有名なコンドロイチンに加えて、美容成分として人気のコラーゲンが同時に摂れる、ということですね。

コラーゲンの効果については賛否があるようですが、巷で言われている効果は以下の通りです。

1.美肌効果
2.関節痛緩和効果
3.血管修復効果

関節痛の緩和については、コラーゲンを摂取することでコラーゲンの新陳代謝がよくなり、新しいコラーゲンが関節に供給されることにより、関節機能の回復が期待される、ということのようですね。

実際に注文してみると、クレジットカード、代金引換、振込(コンビニ・郵便局)から選べて、どの場合も手数料等はかかりません

商品は、チャック付きのプラスチックの袋の中に入っています。一般的な飴などの袋より少し小さいくらいの袋なので、持ち歩いたりするのにも便利だと思います。



小さい粒なので、一度に4粒まとめて飲んでも、それほど飲みにくくはありません。においも味もほとんどないので、飲みやすいです。1日のうちいつ飲んでも良いようなので、飲み忘れるということもなく、気楽に続けられました。



効果ですが、肌の調子は良かったです。飲んだのは冬でしたが、肌は乾燥せずに過ごせました。季節柄、化粧品などにも気を遣っていたのでそのせいもあるかもしれないのですが、お肌の状態はかなり良かったです。

一方、関節への効果ですが、上記2商品と比較するとヒアルロン酸の量が少ないせいか大きな違いは感じませんでしたが、それでも一袋のみ終わるころには階段の上り下りが少し楽になった気がしました。

参考にしてみてください。

商品の詳細はこちら

主要コンテンツ

ヒアルロン酸比較トップページ
最新ヒアルロン酸ランキング
高分子ヒアルロン酸について